下田まち遺産連携会議 Shimoda small town heritage



活動報告-下田まち遺産連携会議「1223会合」要約

◆日時:12月23日(土)18:30~20:40
◆場所:下田・下田TMO“阿波屋いっぷく堂”
◆参加者:16名
南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、NPO地域再創生プログラム、下田TMO、
個人参加者4名

◆会議の内容
南豆製氷を対象とした「都市再生モデル調査」修復実験の進捗状況
・全国都市再生モデル調査のプロジェクトである「修復実験」の対象として、12月から
 南豆製氷の屋根の部分的な修繕が行われています。下田に残存する歴史的建造物を
 修復するための将来的なしくみづくりの一環として、職人とボランティアのネットワークを
 組織する実験です。初旬から地元の職人や市民ボランティアが下準備を開始、23日には
 日本建築専門学校の学生も加わりました。
・工程は予定通りに進んでいて、屋根を修繕する際に危険と思われた冷蔵室(DE1室)
 の天井を支える支柱6本のうち2本がすでに設置されました。残り4本は瓦を外して
 屋根が軽くなってから設置する予定です。
・地元の関連企業からの資材提供や現金寄付も少しずつ集まっています。
・地元テレビや新聞なども取材に来ています。

※平成18年度「全国都市再生モデル調査」に私たちが提案した「下田まち遺産大学」
 プロジェクトが採用され、国の助成を得て実施しています。まち遺産についての理解を
 深めるための「下田まち遺産大学」の開講、「下田まち遺産調査」の実施、「歴史的
 建造物の修復システム」の検討、まち遺産を活かした「定住促進策」の模索、という
 四つの活動を含むプロジェクトです。

南豆製氷の管理・運営の状況報告
・南豆製氷の当面の管理・運営・窓口を担当している南豆製氷応援団が11月と12月の
 状況をまとめて報告しました。
・11月中は、「文化の日OPEN ice HOUSE」で一般に開放、ピザ・レストラン“いしがまや”
 のバス・ダイナー(稼動レストラン)が南豆製氷外で営業、タオルズ「100本ノック・ツアー
 @南豆製氷」ライブと「ボージョレ・ブルース2006―Boozy Blues Band」ライブが
 行われました。
・12月中は、人力車ステーションとしての利用開始、全国都市再生モデル調査「歴史的
 建造物・修復実験」、「渡辺まこと―日本の文化、人生のかべ掛け」展がありました。
・11月、12月の収支報告では、南豆製氷の使用者からの維持協力金やカンパなどで
 得た収入と、電気代やイベント保険などの支出についての説明がありました。
・南豆製氷応援団は南豆製氷の管理・運営にかかる費用以外に、市民の感謝の意を示す
 ために、オーナーが支払う固定資産税分についても捻出してゆきたいと考えています。

※日々の管理・運営や南豆製氷の使用に関しては基本的に南豆製氷応援団が判断して
 いますが、南豆製氷の景観や建物自体の改変を伴う活動、また、南豆製氷の将来的な
 活用案に照らして必要と思われる事案については今後も連携会議の場で検討します。
 南豆製氷応援団は連携会議の毎月の会合で活用状況の報告を行います。

※南豆製氷応援団の情報交流サイトをご覧ください。
「南豆製氷+INFO&EXCHANGE」>http://nanzu.exblog.jp

南豆製氷の未来像:活用案と合意形成の方法
・これまでに連携会議の場で提案された南豆製氷の長期的な活用案を比較検討しました。
・次回会合までに、これらの提案を選択肢としてもう少し整理することになりました。
・また、南豆製氷の歴史的価値や、本来の製氷所としての用途に由来する建築物としての
 特徴をどのように認識して、どのように残すべきかという点について、今後より深く
 検討していくことになりました。

◇次回の会合は1月27日(土)18:30から阿波屋いっぷく堂で開催します。
◇会合後に遅ればせながらの新年会を予定しています。

※南豆製氷や下田まち遺産連携会議の参加組織についてはブログ内のリンクから
 ご覧ください。

(hanami)
[PR]
by machinotakara | 2007-01-14 00:00 | 活動報告
<< 下田まち遺産連携会議―0127会合 修復社会実験ボランティア募集 >>


伊豆下田のまち遺産を未来に活かすためのサイトです
カテゴリ
全体
更新情報
広報
次回会合
参加者募集
活動報告
画像
下田のまち遺産
下田まち遺産連携会議
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧