下田まち遺産連携会議 Shimoda small town heritage



<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


南豆製氷の保存に関するアンケートを実施

2008年4月8日

南豆製氷の保存に関するアンケートを実施

下田まち遺産連携会議の有志によって構成される「南豆製氷活用グループ」は、
下記の要領で南豆製氷の保存に関するアンケートを実施します。

保存・再生運動が続いている南豆製氷は、2006年に篤志家が購入したことで
解体を免れました。2008年6月までに将来的な活用案を所有者に提案する
ことになっています。そこで、南豆製氷の補強・改修・活用案を作る目的で、
下田まち遺産連携会議の有志が南豆製氷活用グループを結成し、下田と東京で
検討を重ねてきました。

今回のアンケートは、主に南豆製氷が位置する下田旧町内の約1300軒を対象に、
南豆製氷に関する市民の意識を調査し、補強・改修・活用案の参考にする目的で
実施するものです。

アンケート「南豆製氷を“まち遺産”として下田の未来に活かすために」

実施方法(旧町内を対象とする調査):
南豆製氷応援団など有志による各戸配布・回収
実施日:
・配布:2008年4月12日(土)、13日(日)
・回収:2008年4月19日(土)、20日(日)
結果発表:
下田まち遺産連携会議のウェブサイト、地元メディアを通じて発表します

旧町以外の下田市民や周辺地域の市民、観光客のみなさまも、南豆製氷で
開催されるイベントや土・日・祝日の一般公開(原則13:00~17:00)の際に
アンケート調査にご参加いただけます。

アンケート用紙の配布と回収には多くの人手が必要です。調査の実施に
ご協力いただける有志の方を募集しています。お問い合せ先は下記のとおりです。

まち遺産small town heritage
世界遺産のような規模はなくても、まちの人たちが大切にしてきた歴史的な建物や
風情のある景観を意味する造語。広い意味では、まちを取り巻く自然環境や、
まち特有の伝統芸能、職人技なども含まれます。

下田まち遺産連携会議
市民有志、下田TMO(株)、南豆製氷応援団、NPO地域再創生プログラム(東京)
など、歴史的建造物の保存や、まちづくり活動に取り組む個人・団体の集まりです。
下田のまちに残る伊豆石やナマコ壁を使った伝統的な建物を大切な“まち遺産”と
とらえ未来に活かすことを目指して、2006年には下田旧町内の約1,300軒の建物を
対象とした「下田まち遺産調査」を実施しました。

南豆製氷活用グループ
南豆製氷の補強・改修・活用案を作る目的で、下田まち遺産連携会議の有志が
結成しました。私たちは独特な外観を持つ南豆製氷を下田のまちなみづくりの
重要な基点と考え、地域に暮らす人と訪れる人の交流拠点として南豆製氷を
保存・再生することを目指しています。

・代表:田中 豊(下田TMO(株)代表取締役)
・お問い合わせ:はなぶさ(南豆製氷応援団)0558-22-3166/nanzu@center.email.ne.jp

下田まち遺産連携会議「広報20080408/008」
[PR]
by machinotakara | 2008-04-08 00:00 | 広報


伊豆下田のまち遺産を未来に活かすためのサイトです
カテゴリ
全体
更新情報
広報
次回会合
参加者募集
活動報告
画像
下田のまち遺産
下田まち遺産連携会議
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧