下田まち遺産連携会議 Shimoda small town heritage



活動報告-下田まち遺産連携会議「1123会合」要約

◆日時:11月23日(木)10:00~13:00
◆場所:下田・下田TMO“阿波屋いっぷく堂”
◆参加者:16名
南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、NPO地域再創生プログラム、下田TMO、
個人参加者6名

◆会議の内容

南豆製氷を対象にモデル調査の「修復実験」を実施
・全国都市再生モデル調査のプロジェクトである「修復実験」の対象として南豆製氷の
屋根部分の修繕を実施することになりました。下田に残存する歴史的建造物を修復する
ための将来的なしくみづくりの一環として、職人さんやボランティアのネットワーク
(「古い建物直し隊」)を組織する実験です。
・南豆伊豆石トラストが中心となって「古い建物直し隊」に参加していただけそうな
職人さんとのミーティングを数回実施、南豆製氷以外にも職人さんとボランティアの
協働で実施可能な修復実験案について検討した上で判断しました。

※平成18年度「全国都市再生モデル調査」に私たちが提案した「下田まち遺産大学」
プロジェクトが採用され、国の助成を得て実施しています。まち遺産についての理解を
深めるための「下田まち遺産大学」の開講、「下田まち遺産調査」の実施、「歴史的
建造物の修復システム」の検討、まち遺産を活かした「定住促進策」の模索、という
四つの活動を含むプロジェクトです。

南豆製氷の応急措置的な修繕の方法
・緊急に対応すべき雨漏り防止・屋根補修の方法と費用について具体案を検討した結果、
現状の外観が保存できる「瓦の部分的補修」を実施する方向でさらに検討することに
なりました。予想される工事期間は約二週間。ボランティアの協力が必要な活動です。

南豆製氷の管理・運営の状況報告
・南豆製氷の当面の管理・運営・窓口を担当している南豆製氷応援団から状況報告。

※南豆製氷応援団の情報交流サイトをご覧ください。
「南豆製氷+INFO&EXCHANGE」>http://nanzu.exblog.jp

南豆製氷の活用に向けた長期的な行程表
・構造補強やリノベーションを含めた南豆製氷の長期的な活用に向けた行程表を元に
想定される手続きなどを念頭において連携会議の今後の活動や、各参加主体が
いま何をすべきか把握する必要性を確認しました。

南豆製氷の未来像:活用案の発表
・前回会合に引き続き、参加者が南豆製氷を下田に活かすための提案を行いました。
・南豆製氷を基点に下田のまち全体を伊豆石ミュージアムにする提案が発表されました。
c0079600_4113484.jpg

「全国都市再生モデル調査」の経過報告
・「下田まち遺産大学」は第二回講座として修復実験を実施、第三回講座は前熱海市長を
お招きして「伊豆のまちなみ座談会」を2007年1月半ばに実施する予定です。

◇今回は連携会議に引き続き、郷土史家の土橋一徳先生に下田のまちなみの変遷に
ついてお話をうかがいました。まちがほぼ全滅した1704年の津波など、災害が旧町内の
成り立ちの節目となってきたことや、港町としての需要と供給に応じてまちが形成されて
きた歴史について、下田富士に祀られた祭神の変遷に見る国内各地からの部族の流入や
職人の分布といった下田を舞台にした人々の営みについて、幅広いテーマにわたって
お話しいただきました(内容は、後日まとめて当ブログでご紹介する予定です)。
c0079600_41224.jpg

◇次回の会合は12月23日(土)です。

※南豆製氷や下田まち遺産連携会議の参加組織についてはリンクからご覧ください。

(hanami)
[PR]
# by machinotakara | 2006-11-25 00:00 | 活動報告

活動報告―下田市主催 まちづくりシンポジウム

まちづくりシンポジウム
『歴史的まちなみ景観を活かしたまちづくりの可能性を探る!』
c0079600_622975.jpg

下田市の主催で、まちなみ景観を活用したまちづくりを進めるための基本ビジョン
策定の中間報告を兼ねたシンポジウムが2006年11月22日に開催されました。

当日は市内のまち遺産の現状を市民に理解していただく目的で、下田まち遺産
連携会議が9月に実施した「まち遺産調査」のデータ集計の経過報告も行いました。

内容: まちづくりの動き
      【下田市 企画財政課】
     市内の歴史的まちなみ景観を形成する資源
      【まち遺産調査結果 下田まち遺産連携会議】
      【旧南豆製氷所の現状 NPO地域再創生プログラム】
     下田市が進める歴史的まちなみ景観を活かしたまちづくり
      【石井直樹下田市長】
     新しいまちづくりの可能性(歴史的まちなみ景観の活用に向けて)
      【NPO地域再創生プログラム】
     質疑応答

(hanami)
[PR]
# by machinotakara | 2006-11-23 01:00 | 活動報告

画像-「1122懇親会」

c0079600_2214686.jpg

下田市が主催したまちづくりシンポジウムには東京からNPO地域再創生プログラムの
メンバーが多数参加しました。シンポジウムを終えて、賀楽太にて懇親会。
[PR]
# by machinotakara | 2006-11-23 00:00 | 画像

活動報告-下田まち遺産連携会議「1028会合」要約

◆日時:10月28日(土)18:20~21:30
◆場所:下田・下田TMO“阿波屋いっぷく堂”
◆参加者:16名
南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、NPO地域再創生プログラム、
下田TMOメンバー、個人参加者7名
c0079600_624966.jpg

◆会議の内容

南豆製氷をめぐる最新状況
・南豆製氷の所有者である田中さんに市長から現状の課題を説明していただきました。
田中オーナーは以下のご意向を話されたとのことです。
-南豆製氷の管理・運営は下田市(市役所・民間その他を含む)に任せる。契約は不要。
-皆さんが関わることで南豆製氷は公的な存在となり、所有者である自分の一存では
処分できなくなると考えている。
-南豆製氷を使う人に目的や用途に応じて維持や修繕にかかる費用を負担してもらいたい。
-貴重な建物を遺すための“時間”を買ったということを率直に理解してもらいたい。
あとは、皆さんが考えて、行動していただきたい。
・田中氏のご意向を受けて、南豆製氷応援団が南豆製氷の当面の管理・運営に責任を
負うこと、南豆製氷を使う際の窓口を務めることを確認しました。また、みんなが同じ方向で
進めるよう、全国都市再生モデル調査を含めた南豆製氷に関する情報や活動を集約する
役目を南豆製氷応援団が担うことになりました。

南豆製氷の応急措置的な
・緊急に対応すべき雨漏り防止・貯氷庫屋根補修について話し合いました。
・基本的な考え方として建物の構造はできるだけオリジナルの状態で残すことを確認しました。
・修繕方法としては、(1)ブルーシートを屋根にかける、(2)屋根を金属板で葺くかシート
などで防水処理する、(3)瓦で葺く、などの案が出ました。

南豆製氷の将来的な活用
・南豆製氷を下田のまちに活かすための提案を、コストとコンセプトの両面から検討する
たたき台として、参加者各自による“募集要項”の発表を開始しました。
・連携会議は当面、みなさまが自由に想い描く南豆製氷の未来像を発表する場となります。

下田市主催「1122発表会」の内容について
・下田市は市内に残存する伊豆石やナマコ壁などを用いた伝統的な建物をまちに活かす
ためのビジョンづくりをNPO地域再創生プログラムに委託しています。その「中間報告会」の
意味合いも込めて市が11月22日に主催する発表会についてご説明いただきました。

「佐原視察」感想発表
・10月21日、22日に下田と東京の有志が下田商工会議所の支援を得て千葉県の
佐原を視察、現地で重要伝統的建造物群保存地区(「重伝建」地区)の整備に関わって
きた関係者などにお話を伺いました。参加者が佐原で感じたこと、考えたことについて
発表しました。

「全国都市再生モデル調査」の経過報告
・9月に実施した「まち遺産調査」のデータ集計状況など、現状報告が行われました。

※平成18年度「全国都市再生モデル調査」に私たちが提案した「下田まち遺産大学」
プロジェクトが採用され、国の助成を得て実施しています。まち遺産についての理解を
深めるための「下田まち遺産大学」の開講、「下田まち遺産調査」の実施、「歴史的
建造物の修復システム」の検討、まち遺産を活かした「定住促進策」の模索、という
四つの活動を含むプロジェクトです。

※「全国都市再生モデル調査」、「下田まち遺産調査」、「下田まち遺産大学」
については、ブログ内の最新情報カテゴリをご覧ください。

◆会合後、小雨が降るなか下田と東京の参加者数名が旧町内「連魚」にてしっぽりと
美味しいお酒をいただきました。

◇次回の会合は11月23日(木/祭日)です。

※南豆製氷や下田まち遺産連携会議の参加組織についてはのリンクからご覧ください。

(hanami)
[PR]
# by machinotakara | 2006-10-29 00:00 | 活動報告

画像-佐原視察

2006年10月21日、22日に下田と東京の有志が下田商工会議所の支援を得て千葉県の
佐原を視察、現地で重要伝統的建造物群保存地区(「重伝建」地区)の整備に関わってきた
関係者の方々にお話を伺いました。

c0079600_18451711.jpg


c0079600_1846096.jpg


c0079600_18463213.jpg


c0079600_1847143.jpg


c0079600_18474999.jpg


c0079600_18482781.jpg


c0079600_1849282.jpg


c0079600_18493275.jpg


c0079600_18495535.jpg


c0079600_18502325.jpg


c0079600_18505962.jpg


c0079600_18522238.jpg


c0079600_18531871.jpg


c0079600_18534955.jpg


c0079600_18541634.jpg


c0079600_18544176.jpg


c0079600_2061512.jpg


c0079600_18574787.jpg


c0079600_2063427.jpg


c0079600_1858114.jpg


c0079600_18583351.jpg


c0079600_18591422.jpg


c0079600_18593946.jpg


c0079600_18595637.jpg


c0079600_1902075.jpg


c0079600_1904146.jpg


c0079600_191149.jpg


c0079600_1911944.jpg


c0079600_1913654.jpg


c0079600_192140.jpg


c0079600_1922490.jpg


c0079600_1924492.jpg


c0079600_1931783.jpg


c0079600_1933674.jpg


c0079600_1935596.jpg


c0079600_1941259.jpg


c0079600_1943325.jpg


c0079600_195424.jpg


c0079600_1952674.jpg


c0079600_2065772.jpg


c0079600_1953574.jpg


c0079600_19534828.jpg


c0079600_19541660.jpg


c0079600_1964951.jpg


c0079600_19775.jpg

[PR]
# by machinotakara | 2006-10-22 00:00 | 画像

「全国都市再生モデル調査」経過報告

2006年10月20日

「下田まち遺産調査」と「下田まち遺産大学」について

下田まち遺産連携会議は、旧南豆製氷所の保存活動をきっかけに集まった下田内外の
個人や組織によって構成されるグループです。下田のまちに残る伊豆石やナマコ壁を
使った歴史的な建物を大切な「まち遺産」ととらえ、これらを下田の未来に活かすことを
目指して活動しています。

平成18年度「全国都市再生モデル調査」に私たちが提案した「下田まち遺産大学」
プロジェクトが採用され、国の助成を得て実施しています。これは、まち遺産についての
理解を深めるための「下田まち遺産大学」の開講、「下田まち遺産調査」の実施、
「歴史的建造物の修復システム」の検討、まち遺産を活かした「定住促進策」の模索、
という四つの活動を含むプロジェクトです。

「下田まち遺産調査」は9月23日から三日間の日程で行いました。今回の調査では
「まち遺産」のうち建築物やその遺構、塀、お稲荷さんなど、有形で目視確認できる
ものを対象にしました。調査地域は下田旧町内のマイマイ通り以東で、まちの全体像を
見るために新築の建物や空き地、駐車場なども含めた1件1件を調査した結果、
対象件数は1,300件を上回りました。

「下田まち遺産大学」は10月1日に開講しました。「昼の部」で清流荘の別墅を見学、
「夜の部」では伊豆石と同じ軟石の活用を進めている札幌から講師をお招きして
講演会を行いました。

これらの活動の成果は、来年三月までに国に提出する「全国都市再生モデル調査」の
報告書に盛り込むと同時に、様々な形で一般のみなさまにもご報告させていただく予定です。

関係者のご尽力に心から感謝申し上げますと共に、ご協力いただきました内外の市民の
みなさまに厚く御礼申し上げます。今後実施を予定している「下田まち遺産大学」の歴史的
建造物の修復実験や「下田まち遺産・市民アンケート」にもご理解・ご協力を賜りますよう
お願いいたします。

下田まち遺産調査
今回の調査では、建物の用途、規模、屋根の形状といった基本的な情報から、伊豆石や
なまこ壁の使われ方、壁仕上げの下に伊豆石などがありそうか等、広範にわたるデータを
収拾しました。また1件毎の外観写真も撮影しています。
原則的には建物の外観調査でしたが、お住まいの方々に詳しくお話を伺ったケースも
多々ありました。市内外からの計34名の参加者は大変な作業にも関わらず数多くの
発見を楽しんでいたようです。これまでとは違った視点でまちを観ていくことの面白さと
可能性を実感できました。
c0079600_1524152.jpg

画像:市長の激励を受ける調査班メンバー

下田まち遺産大学
「昼の部」では、関係者の方々のご協力を得て清流荘の別墅と隣接する蔵を見学させて
いただきました。小雨に濡れて一段と風情の増した外観や、重厚な木造家屋のいたる
ところに繊細な意匠が凝らされた内部空間を受講者一同、堪能しました。
「夜の部」では、伊豆石と同じ石造建築や石切り場の保存と活用に取り組んでこられた
「札幌軟石文化を語る会」代表の岩本好正さんの講演を通じて、札幌市内に残る石造
建築マップづくりの活動や、先人の残した文化を次代へと引き継いでゆくヒントとなる
貴重なお話をうかがいました。
c0079600_1531631.jpg

画像:清流荘・別墅の広間で記念撮影


まち遺産small town heritage
世界遺産のような規模はなくても、まちの人が大切にしてきた歴史的な建物や風情の
ある景観を意味する造語です。広い意味では、まちを取り巻く自然環境や、まち特有の
伝統芸能、職人技なども含まれます。

「全国都市再生モデル調査」
平成14年に閣議決定した「都市再生基本方針」により、全国の都市再生活動を国が
支援する取り組み。「自ら考え、行動する元気で先進的な都市再生活動」をテーマに
選ばれた全国の活動に対し、都市再生プロジェクト推進調査費が支給されます。
本年度は全国541件の提案から159件が採択されました。
※推薦団体・事業協力:下田市役所 企画財政課(0558-22-2212)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/index.html

下田まち遺産連携会議
下田市民有志、南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、下田TMO(株)、
NPO地域再創生プログラムなど、歴史的建造物の保存や、まちづくり活動などを行う
団体・個人の集まりです。
http://smrk.exblog.jp

下田まち遺産連携会議「広報20061020/004」
[PR]
# by machinotakara | 2006-10-20 00:00 | 広報

画像―「1001下田まち遺産大学」

c0079600_1855367.jpg

「全国都市再生モデル調査」の一環として10月1日に開講した「下田まち遺産大学」
昼の部で、蓮台寺に向かう途中に建つ清流荘の別館を見学させていただきました。

風格ある外観もさることながら、築150年と伝えられる内部も圧巻。大胆かつ贅沢に
木材が使われ、細部にまで意匠が凝らされた素晴らしい空間を堪能しました。

見学の実現にご尽力いただきました関係者の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

画像は参加者一同が大広間に集まったところ。
[PR]
# by machinotakara | 2006-10-04 00:10 | 画像

画像-「0923-25下田まち遺産調査」

c0079600_18184612.jpg


9月23日から25日にかけて実施した「下田まち遺産調査」の参加者と、
市の委託調査の一環として9月19日から23日まで南豆製氷の構造調査を
行っていた専門家や協力してくださった学生さんたちで記念撮影。
[PR]
# by machinotakara | 2006-09-27 00:00 | 画像

9月以降実施する行事の案内です。

■「下田まち遺産調査」
9月23日(土)~25日(月)
下田旧町内の広い範囲を対象に1000件ほどの建築物の外観を調査する活動
活動する下田まち遺産連携会議のメンバーに、地元の協力者や市外の建築の学生さんなど、のべ60名ほどの参加を得てを実施の予定。

■「下田まち遺産大学」
10月1日(日)13時~&19時~
大学といっても、学校を作って授業をやるというわけではなくて、下田のまちをキャンパスに見立てて、まちを歩いて観察したり、講座を開いたり、古い建物の調査や実験的な事をしてみよう、という取り組みで、この日は大学講座として、札幌からゲストの先生をお呼びしています。

昼の部■まち歩き
13時に南豆製氷に集合し、清流荘別墅の見学を実施します。その後は旧町内、池の町
や伊勢町界隈の石蔵巡りを予定しています。

夜の部■講演会「札幌軟石物語」
19時~下田市民文化会館小ホール~無料
下田と同じく凝灰岩の産地であり、木骨石造建築の集積する札幌市の札幌軟石をテーマにしたまちづくりのお話を伺います。多くの方の参加をお待ちしています。

お問い合わせ、ご不明の点は清水まで

南豆伊豆石トラスト
http://izuishi.com
清水直子
nanzzy@izuishi.comc0079600_2361851.jpg
[PR]
# by machinotakara | 2006-09-25 01:00 | 広報

「下田まち遺産大学」を開講します

2006年9月20日

「全国都市再生モデル調査」の一環として「下田まち遺産大学」を開講します

下田まち遺産連携会議は、旧南豆製氷所の保存活動をきっかけに集まった下田内外の
個人や組織によって構成されるグループです。下田のまちに残る伊豆石やナマコ壁を
使った歴史的な建物を大切な「まち遺産」ととらえ、これらを下田の未来に活かすことを
目指して活動しています。

平成18年度「全国都市再生モデル調査」に私たちが提案した「下田まち遺産大学」
プロジェクトが採用され、国の助成を得て実施しています。これは、まち遺産についての
理解を深めるための「下田まち遺産大学」の開講、「下田まち遺産調査」の実施、「歴史的
建造物の修復システム」の検討、まち遺産を活かした「定住促進策」の模索、という
四つの活動を含むプロジェクトです。

このうち「下田まち遺産調査」は二度の予備調査を終え、9月23日から三日間の本調査を
実施します。そして、10月1日には私たちの提案の核心である「下田まち遺産大学」が
開講します。

幕末開国の港町として知られる下田には、江戸城や東京駅にも使われた伊豆石の産地と
しての歴史があり、伊豆石やナマコ壁の建物が数多く残されています。ただ、これらの
「まち遺産」はその歴史的・伝統的な建造技術や建築文化とともに近年徐々に姿を
消しつつあります。

「下田まち遺産大学」は、下田の貴重な「まち遺産」である石造建築やナマコ壁などの
歴史的建造物群が残る町並み、そしてそれらの建造物を造り出し支えてきた技術を未来へ
つなぐことを目指した取り組みです。多数のみなさまのご参加を賜りますよう、お願い
申し上げます。

まち遺産small town heritage
世界遺産のような規模はなくても、まちの人が大切にしてきた歴史的な建物や風情のある
景観を意味する造語です。広い意味では、まちを取り巻く自然環境や、まち特有の伝統芸能、
職人技なども含まれます。

「全国都市再生モデル調査」
平成14年に閣議決定した「都市再生基本方針」により、全国の都市再生活動を国が支援する
取り組みです。「自ら考え、行動する元気で先進的な都市再生活動」をテーマに選ばれた
全国の活動に対し、都市再生プロジェクト推進調査費が支給されます。本年度は全国541件の
応募から159件の提案が採択されました。
※推薦団体・事業協力:下田市役所 企画財政課(0558-22-2212)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/index.html

下田まち遺産連携会議
下田市民有志、南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、下田TMO(株)、NPO地域再創生
プログラムなど、歴史的建造物の保存や、まちづくり活動などを行う団体・個人の集まりです。
http://smrk.exblog.jp

下田まち遺産連携会議「広報20060920/003」
[PR]
# by machinotakara | 2006-09-25 00:00 | 広報


伊豆下田のまち遺産を未来に活かすためのサイトです
カテゴリ
全体
更新情報
広報
次回会合
参加者募集
活動報告
画像
下田のまち遺産
下田まち遺産連携会議
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧